紫電改展示館

しでんかいてんじかん
  • ゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発された、旧日本海軍の最も優れた戦闘機といわれる「紫電改」。
  • 紫電改の搭乗員が身に着けていた紫色のマフラーなども保管されている。
  • 太平洋戦争末期の第343海軍航空隊松山基地を再現した1/24スケールのジオラマ。
  • 紫電改や戦争に関する資料や写真などが数多く保存展示されている。

日本に唯一現存する紫電改を永久保存
愛南町久良湾の海底から昭和53年に発見され、引き上げられた旧日本海軍戦闘機「紫電改」。世界にわずか4機しか現存せず、そのうち日本にある唯一の1機が展示されている。館内には搭乗していたと思われるパイロットの写真や、機体とともに引き上げられた品々も数多く展示されており、紫電改に関する資料のほか再現映像も観ることができる。事前連絡すれば施設のスタッフが説明をしながら館内を案内してくれる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688
電話番号 0895-72-3212(南レク南宇和管理事務所)
営業時間 9:00~17:00
休業日 年末年始(12/29~1/1)
料金 無料
最寄りのバス停からの徒歩 宇和島自動車・展望タワー入口 (15分)
駐車場 普通車約60台/大型車2台/身障者用3台
駐車場代 無料

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています