五郎の赤橋

ごろうのあかばし
  • 春になれば菜の花が一斉に花開き、辺り一面を黄色の世界に変える。
  • 風に揺られて色とりどりの可憐なコスモスが咲き、頭上の畑ノ前橋の赤色とのコントラストが絵になる光景を醸し出している。
  • 昭和48年に現在の形に架け替えられた赤橋は、住民の生活道路として重要な役割を果たしている。
  • 毎年満開の花々を楽しみに訪れる人も多く、秋空の下で一面に咲くコスモスに囲まれ笑みがこぼれる。

季節の花々が風に揺られる五郎の赤橋
潤沢な水量を誇る肱川に架かる赤い外観が特徴の鉄橋で、正式名称は「畑ノ前橋」。もとは木製の沈下橋だったが現在の姿に架け替えられ、この河川敷のシンボルとなっている。橋の下に広がるやすらぎのお花畑では、地元高校生などのボランティア活動によって春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスと、季節を代表する可憐な花々が植えられている。 また、毎年3月には菜の花フェスタも開催され、満開の菜の花を一目見ようと多くの見物人が訪れる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県大洲市五郎
電話番号 0893-24-1719(大洲市役所 都市整備課)
料金 無料
最寄りのバス停からの徒歩 伊予鉄南予バス・五郎駅前 (10分)
駐車場 あり 約50台
駐車場代 無料
備考 [菜の花]2月~3月下旬
[ひまわり]7月下旬~8月上旬
[コスモス]10月中旬~11月中旬

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています