明治・開明のロマン旅
四国で最初に電灯がともり、愛媛県で最初に銀行ができたという八幡浜市保内町は、明治時代に紡績業で栄えた町。当時の面影残る町並みを歩きながら、どこか懐かしい風景や興味深いストーリーを発見する旅へ。明治の時代に生きた人々の力強い息吹を感じながら、町並みを気の向くままにそぞろ歩きし、開明のロマンに浸っていると、どこからか先人達の声が聞こえてきそう。
START
JR松山駅
↓車で約1時間
1

長浜大橋

のどかな景観に映える長浜の赤橋
  • 長浜大橋
  • 長浜大橋
  • 長浜大橋
肱川河口にかかる日本最古の道路開閉橋で、全体が赤く塗られていることから赤橋の愛称を持つ。かつては船が通行する際に橋の一部が開閉していたが、現在では観光用として定期的に開閉されるのみとなっている。戦禍や撤去の危機を乗り越え、地元住人の尽力により現在でも車や自転車、歩行者が行き交う生活道路として親しまれ続けている。
車で約1分
2

末永家住宅(百帖浜屋敷)

長浜の繁栄を今に伝える末永家の豪邸
  • 末永家住宅(百帖浜屋敷)
  • 末永家住宅(百帖浜屋敷)
  • 末永家住宅(百帖浜屋敷)
  • 末永家住宅(百帖浜屋敷)
国の登録有形文化財に指定され、古き良き時代の歴史を見学できる住宅。末永家は回漕業を長浜で営んだ資産家で、この建物の建築主である末永四朗平は町議会員や町長として勤めた人物であり、この建物は長浜の歴史を伝える上で貴重な建物となっている。なまこ壁や格子付窓、黒漆喰の壁など、昔の建物の特徴が残る旧主屋や茶室、折上げ格天井が設けられている百帖座敷などが見所。また、広場には末永家や長浜の歴史の資料が展示されたスペースもあり、訪れた人々は分かりやすく長浜の文化を学べる。
車で約30分
3

明治の町並散策

まるでドラマの主役になった気分
  • 明治の町並散策
  • 明治の町並散策
  • 明治の町並散策
「伊予の小京都」と呼ばれる大洲には明治の家並みや道の石張舗装もそのまま残っており、坂本龍馬が脱藩の際立ち寄り食事をしたと言われる店があった通りも残っている。そのほか様々なドラマや、映画の撮影舞台となっており、テレビ画面で見たことのある風景を歩きながら自分が映画の主役やヒロインになった気分で町の散策を楽しむこともできる。
車で約9分
4

内之浦公会堂

当時のままの姿で今も使われる
  • 内之浦公会堂
昭和12年に「那須金市」翁の寄附により建てられた公会堂で、当時珍しい西洋建築を意識した造りになっている。平成13年に国の登録有形文化財に登録された。今でも地区の公民館として活用されている。
車で約35分
5

慈眼庵

神秘的な青石の石垣
  • 慈眼庵
慈眼庵のある雨井地区は、船乗りや海運業の町として栄えた港町。まるで海の輝きを表しているかのような青石の石垣の中には、航海の安全を祈願して灯明台が組み込まれている。
車で約2分
6

松屋旅館(昼食)

漬物づくしの"漬物御膳"が人気
  • 松屋旅館(昼食)
江戸時代から続く老舗旅館。自慢は何と言っても240年以上受け継がれてきたぬか床で漬けたお漬物。漬物づくしの"漬物御膳"を求めて全国から多くの観光客が訪れる。郷土料理「ひゅうがめし」もおすすめ。
※駐車場あり/無料/約30台
※要予約
車で約2分
7

開明学校

宇和の町に明治の到来を告げた学舎
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
  • 開明学校
白壁造りにアーチ型の窓と、舶来製のガラスを組み合わせた新時代の外観は、当時の人々が次々と見学に訪れたほど。現在は明治時代を中心に、昭和前期までの教科書など、貴重な資料約6,000点を収蔵・展示する教育資料館として利用され、当時の掛図を使った明治・大正時代の授業が体験できる「明治体験授業」(要予約)も行っている。敷地内には、母体となった私塾の申義堂も保存されている。
車で約5分
8

宇和米博物館

「米どころ・宇和」の米作りを今に伝える
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
  • 宇和米博物館
木造の旧宇和町小学校校舎を移築して建造され、約80種類の稲の実物標本や宇和地方で使われていた農耕具など、米に関する資料を展示。古い校舎の窓からは、米博物館だけに水田が広がるのどかな景色と街並みを見渡すことができる。また、ここの109mの長い廊下を使った雑巾がけレース「Z-1グランプリ」は、県内外問わず数多くの選手が参加する名物イベントとなっている。
GOAL