南予グルメラリーと
海の幸・山の幸の両方に恵まれた南予にはおいしいものがいっぱい!農家から持ち込まれる鮮度抜群の野菜や、セリに掛けられたばかりの鮮魚に舌鼓を打ったら、いざ歴史散策へ。江戸時代より港町として発展し、明治時代には「伊予の大阪」とも称された商業都市の面影が残る八幡浜市。当時の風情を感じさせる町並みを散策してみよう。帰りには少し足を伸ばして、宇和海や島々を見渡せる絶景ポイント「諏訪崎」で大自然を体感。
START
JR松山駅
↓車で約45分
1

車で約20分
2

道の駅 内子フレッシュパークからり

朝採りの新鮮野菜がずらり!
  • 道の駅 内子フレッシュパークからり
  • 道の駅 内子フレッシュパークからり
  • 道の駅 内子フレッシュパークからり
  • 道の駅 内子フレッシュパークからり
農家から毎朝持ち込まれる鮮度抜群の野菜が並ぶ直売所。構内には、旬の野菜や果物を使って毎日売場で作られているアイスやシャーベットの販売所もあり、愛媛県名産の「もち麦」や珍しい「じゃばら」という柑橘など、その季節ならではの食材を使って製造するので、何度行っても違う味が楽しめる。また、からりオリジナルのソーセージやハムなどは土産に最適で、ここでしか食べられない物や手に入らない物も多数あり、何度訪れても楽しめるスポットとなっている。
車で約35分
3

道の駅 八幡浜みなっと(昼食)

潮風香る八幡浜市の新しい観光発信拠点
  • 道の駅 八幡浜みなっと(昼食)
  • 道の駅 八幡浜みなっと(昼食)
  • 道の駅 八幡浜みなっと(昼食)
  • 道の駅 八幡浜みなっと(昼食)
  • 道の駅 八幡浜みなっと(昼食)
港町・八幡浜らしい海のすぐそばにある道の駅。市内中心部にあり、商店街へのアクセスも良いため、観光と地域活動の拠点となっている。交流館には、八幡浜に詳しいスタッフが常駐しているので、市内観光の情報収集に最適な施設となっている。また、整備された緑地公園には、港に沿ってボードウォークが整備されており、港の向こう側にはみかんの段畑が広がっているため、潮風とみかんの香りを全身で受けながら散策を楽しむことができる。
車で約4分
4

やわたはま町並ウォッチング

"伊予の大阪"の面影をたどる
  • やわたはま町並ウォッチング
明治から大正期に商いで栄えた八幡浜。国の重要文化財に指定された建物や当時の風情を感じさせる町並を巡る。事前申し込みをすれば観光ボランティアガイドも利用でき、ディープな八幡浜が体感できる。
※駐車場あり(市営駐車場)/有料/約15台
※ボランティアガイドは事前予約制(5日前までに申し込み)
車で約12分
5

自然休養林諏訪崎

約2kmの木々のトンネルを抜けると、そこは宇和海の絶景
  • 自然休養林諏訪崎
  • 自然休養林諏訪崎
  • 自然休養林諏訪崎
  • 自然休養林諏訪崎
宇和海に向かって延びる全長約3kmほどの半島で、「日本の森林浴の森100選」や「四国の自然100選」などに指定されている。駐車場から約2km続く遊歩道には、桜やツバキなど四季折々の花が咲き、大自然を全身で感じることができる。先端には、白亜の魚霊塔と真っ赤な灯台が建ち、目の前に広がる宇和海や島々の風景をさらに引き立てている。また、様々な種類の野鳥が生息しており、四季を通じて小鳥のさえずりが聴こえる。
車で約44分
6

名物「長浜のしぐれ」

長浜のお土産といえば
  • 名物「長浜のしぐれ」
みずみずしくもっちりとした食感と、小豆の粒感が特徴的な、大洲市の郷土菓子。大洲市には老舗店舗がたくさんあり、それぞれ異なるおいしさがあるので、食べ比べてみても楽しい。
GOAL