日本一細長い半島の魅力発見旅
日本一細長い半島・佐田岬。道をくねるごとに表情の違う小さな漁港が点在し、海と寄り添って暮らす人々の生活を感じることが出来る。海を眺めながら、ふわふわのしらすに舌鼓を打ったあとは、歴史遺産に触れながらの絶景ドライブ。三崎港からは大パノラマの四国最西端クルージングを楽しんで。最後は地下1500mから湧き出る効能豊かな「亀ケ池温泉」で1日の疲れを癒して帰路に着こう。
START
JR松山駅
↓車で約1時間
1

JR下灘駅

駅に降りれば瀬戸内の海
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
  • JR下灘駅
眼下の国道378号線「夕焼けこやけライン」が整備されるまで、日本で一番海に近かった絶景を楽しめる駅。現在でも多くの鉄道ファンの間では説明不要なほど有名な駅で、ホームに広がる美しい景観から、これまでに数々の映画やドラマに登場してきたほか、JRの青春18切符のポスターなどにも起用されてきた。日中は日差しを受けた海面がキラキラと光り、夕暮れには夕日に照らされた黄金の海が光り輝く景観はどこから見ても絵になる。
↓車で1時間10分
2

しらすパーク(昼食)

しらすのテーマパークやぁ♪
  • しらすパーク(昼食)
  • しらすパーク(昼食)
  • しらすパーク(昼食)
  • しらすパーク(昼食)
「宇和海で獲れた新鮮なしらすをより多くの人に味わってもらいたい!」という地元の思いから、加工品や食事を提供できるしらすパークを設立。ここでしか買えないしらすの加工品の購入や、加工場の見学が楽しめるなど、まさにしらすのテーマパーク。中でも、水揚げされてから1時間余りのしらすを提供してくれるしらす食堂では、絶景の宇和海を横目に獲れたてふわふわのしらすに舌鼓を打つことができる。
車で約15分
3

三机港

海を眺め先人に思いを馳せる
  • 三机港
佐田岬半島を走る国道197号線「佐田岬メロディーライン」のほぼ中央に位置する湾。戦時中、ハワイの真珠湾に地形が似ていることから極秘の訓練が行われた歴史を持つ。
車で約25分
4

三崎港・アワビと出逢う四国最西端クルージング

船上で潮風とアワビを楽しむ
  • 三崎港・アワビと出逢う四国最西端クルージング
佐田岬灯台や戦時下の砲台跡、渦潮などを見ながら佐田岬の雄大さを満喫するクルージングコース。船上では獲れたて天然アワビを試食できる。「まり~な亭」では期間限定「伊方版南予博定食」が食べられる。

【時間】60分コース 10:30~11:30、13:30~14:30、15:30~16:30
【開催日】4月~10月の土・日・祝日(第2土曜除く)
【駐車場】あり/無料/80台
【料金】大人2,500円、小人1,500円
※完全予約制(開催3日前まで)
車で約40分
5

亀ヶ池温泉

心地よい潮風が吹き抜ける天然温泉
  • 亀ヶ池温泉
  • 亀ヶ池温泉
  • 亀ヶ池温泉
  • 亀ヶ池温泉
日本一細長い佐田岬半島にある四国最西端の温泉。地下1500mから豊富に湧き出る湯が疲れをほぐし、湯上り後には身も心も気分爽快にさせてくれる。浴場は、開放的な大浴場と露天風呂を始め、美肌に効果的な塩サウナやバリアフリーの福祉風呂なども完備しており、他にも岩盤浴やマッサージルームまで充実した設備を誇る。また、湯上り後にくつろげる休憩室やレストラン、交流物産館、亀ヶ池を借景にした庭園など、温泉だけではなく伊方町の魅力にも迫ることができる。2015年4月25日、簡易宿泊施設オープン。
GOAL