古岩屋

ふるいわや
  • 見上げるほどに巨大な大岩壁と、真っ赤に燃える紅葉の対比が絵になる古岩屋は、紅葉の名所としても知られる。
  • 麓を流れる直瀬川沿いには、桜や楓が年間を通して華やかに彩る。
  • 周辺にはいくつもの遊歩道が整備され、移り行く四季を感じながら散策することができる。

古代の記憶を今に伝える雄大な大岩壁
四国カルスト県立自然公園に属する約2000万年前の地層が残る巨大な大岩壁で国の名勝地。表面に無数の穴が空いていることから古岩屋と呼ばれるようになった。高さ約60m~100mの円錐状の岩峰が20余り連なっており、岩肌には岩松やセッコクなどの貴重な高山植物がしがみつくように自生している。また、紅葉の名所としても知られており、秋になると奇岩の岩壁との対比が美しく、訪れる人々の目を驚かせている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒791-1213 愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬乙
電話番号 0892-21-1192(久万高原町観光協会)
車でのアクセス 松山ICより国道33号を高知方面に約30分
県道12号に左折し約15分
トイレ
駐車場 あり 約50台
駐車場代 無料

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています