芸予要塞小島

げいよようさいおしま
  • 小島港からほど近くにある、赤レンガ造りの発電所跡。薄暗い室内は日露戦争当時の緊張感を感じさせる。
  • ドイツのハンブルグから取り寄せられた、西洋の赤レンガで築かれた地下兵舎跡。周囲には浄化装置などが配置され芸予要塞の中核をなしていたとされる。
  • 中部砲台跡には28センチ砲が6門あったとされており、巨大な円形の砲座跡が今も残されている。
  • 島のほぼ中心にある司令塔跡は現在は展望台となっており、山頂からは来島海峡大橋はもちろん瀬戸内海の美しい景色を満喫できる。

使われることなく平和を迎えた島の要塞
名前の通り周囲約3kmほどの小さな島で、大日本帝国がロシア海軍の侵攻を防ぐために築いた海岸要塞がある。山中に設けられた砲台や赤煉瓦の兵舎、火薬庫などの施設がほぼ当時のままの姿で残されており、貴重な近代化遺産となっている。史跡を巡る遊歩道にはたくさんの椿や桜が植えられ、海峡の景色を眺めながらの歴史散策をすることができる。また、島内には海水浴場やキャンプ場も整備され、釣りなどのアウトドアも楽しめる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県今治市小島
電話番号 0898-36-1541(今治市役所 観光課)
アクセス JR今治駅から波止浜港までバスで約20分、波止浜港から渡船で約10分
駐車場 なし
備考 ※車での上陸は不可
※渡船に関する問い合わせ0898-41-8425(有限会社くるしま)