井関邦三郎記念館

いせきくにさぶろうきねんかん
  • 昭和33年から42年までの間に、井関邦三郎が開発した農業機械を展示している。邦三郎の研究の努力と歴史がうかがえる。
  • 井関邦三郎の生家と井関農具製作所の工場を100分の1で再現したもの。当時の生活や様子がうかがえる。
  • 「使う身になって造る」という一つの信念から、井関邦三郎が農機具にかけた人生の歴史がわかる。
  • 全自動籾すり機第1号は、図面と当時の記憶をもとに復元されたもの。発明者の井関邦三郎は、愛媛県の米どころ・旧三間町の出身。

三間町出身「井関邦三郎」の農機具にかけた人生の軌跡
日本有数の農機具メーカー井関農機株式会社の創設者である井関邦三郎の記念館では、邦三郎が開発した農業機械のほかに、邦三郎の歩みを紹介するパネルや邦三郎の生家と井関農具製作所復元模型などが展示されている。展示された農業機械からは、米どころ三間町に生まれ、「農業に携わる人々を過酷な労働から開放したい」という信念を持った邦三郎の強い思いが伝わってくる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県宇和島市三間町務田180-1
電話番号 0895-58-1133(畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館)
営業時間 9:00~17:00
休業日 火曜日(祝日の場合はその直後の平日)/年末年始(12/29~1/3)※臨時休館あり
料金 大人300円/高校・大学生200円/小・中学生無料/大人(20名以上)200円/高校・大学生(20名以上)100円
最寄りのバス停からの徒歩 宇和島自動車・道の駅みま (1分)
駐車場 あり 普通車104台/大型車12台/身障者用4台
駐車場代 無料
備考 ※入館料は畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館共通

※※浸水のため閉館中