蛇池湿地

じゃいけしっち
  • サギソウは8月上旬から9月中旬にかけて、白鷺が羽を広げた姿に似た、小さく白い花を咲かせる。
  • 湿地では、夏にかけて小さく可憐な花をつけるものが多く、秋には一面が黄金色になるなど四季折々の景観が楽しめる。
  • 湿地内には遊歩道が設けられており、愛媛県の絶滅危惧種に指定されているサギソウなどの貴重な湿地植物を間近で観察できる。

守るべき湿原植物の楽園
医王山麓の蛇越池周辺にある約50アールの湿地帯で、サギソウを中心にミズトンボやネジバナなどのラン科植物を始め、モウセンゴケなどの珍しい食虫植物類、ヒナノカンザシやネビキグサといった湿地植物など、約60種類が生育している。このような場所は大変珍しく、学術研究上も貴重な湿地植物の宝庫として、県の天然記念物に指定され保護されている。景観だけでなく生物多様性を考えさせられる場であり、身近な自然を見直すために多くの人が見学に訪れる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県今治市孫兵衛作甲1
電話番号 0898-36-1608(今治市役所 文化振興課)
最寄りのバス停からの徒歩 今治駅前→バス(小松総合支所前行)約40分→休暇村入口下車→徒歩約1分
駐車場 なし
備考 サギソウは、8月上旬から9月中旬にかけて、白鷺に似た可憐な花を咲かせる。

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています