愛媛の句碑めぐり575

東温市

まつらるゝ推古三面鵯の宮まつらるるすいこさんめんひよのみや

酒井黙禅サカイモクゼン

平野が広々と続く東温市は、ことのほか空が広く感じられる。徳威三嶋宮(とくいみしまぐう)は旧重信町にある神社。ここには御神体として祀られている三つの舞楽面がある。同じ碑に、「御面祭松森閑と暮れにけり」の句がある。二つとも酒井黙禅が昭和27年12月に社参した時に詠んだものである。

句碑データ

住所
北野田1-20-21 徳威三嶋宮境内
建立年
昭和63年12月
建立者
別府頼雄

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    春秋冬冬を百日桜かな

    松根東洋城

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る