愛媛県立とべ動物園

えひめけんりつとべどうぶつえん

いきいきとした動物達の様子が見られる西日本最大級の動物園
■アメリカストリート
リスザルやラマ、コンドルなどアメリカ大陸に生息する動物を楽しむことができる。
■ウォーターゾーン
広々とした水槽の中を悠々自適に泳ぎ回るペンギンや、水辺に片足で立つ色とりどりの華麗なフラミンゴなどが飼育されている。ペンギン舎では、まるでペンギンが空を飛んでいるかのような姿を観察することができる。
■スネークハウス
世界の爬虫類や夜行性動物が飼育されているスネークハウス。屋内にあるハウス内では、とぐろを巻く大小様々なヘビを始め、ワニやイグアナなどの普段は恐ろしくて近づけない動物や、夜行性のフクロウやムササビなどを観察することができる。
■ベアストリート
動物園の人気者・シロクマピースやアシカ、エゾヒグマなどを飼育しているベアストリート。ピースを始めとするホッキョクグマは、吊られた丸太で器用に遊んだり、エサを頬張ったりと愛らしい一面を見せてくれる。
■リトルワールド
ウサギやモルモットなどの小動物と触れ合うことができるリトルワールド。来園者の頭上を駆け抜けるレッサーパンダや、元気に動き回るカワウソの姿などが見られるよう工夫された造りの舎房では、一ヶ所から動物を見るのではなく、様々な角度から動物本来の動きを観察することができる。
■アジアストリート
ニホンザルやラクダ、シカなど約7種類の動物を飼育しているアジアストリート。ニホンザルは、岩山をイメージさせるサル山に群れをなして生活しており、親子で毛づくろいしたり、一緒にエサを食べる姿を観察することができる。
■オーストラリアストリート
独自の進化を遂げた動物が数多く生息するオーストラリアの代表的な動物を飼育しているゾーン。カンガルー、エミュー、ワラビーや日本国内ではとべ動物園でしか飼育していない絶滅危惧種のヒクイドリも観察できる。
■モンキータウン
20種類以上の世界のサルが集結したモンキータウン。このゾーンで一番の人気は、巨大なタワーを綱渡りするオランウータンのスカイウォーキング。定期的に行われる緊張のイベントを一目見ようと、時間を合わせて多くの来場者が集まる。
■アフリカストリート
百獣の王・ライオンや、ヒョウ、優雅に木の葉を食べるキリンなどが飼育されている。飼育スペースも、サバンナの広大な地を再現した造りになっており、現地と変わらない本来の動物の表情や行動が見られるので、来園者は檻の中で見る動物と違い、自由に動き回る姿に大満足できる。
■ゾウストリート
ゾウやトラが飼育されているゾーン。アフリカゾウが親子で暮らしている動物園は全国でも「とべ動物園」だけで、家族の仲睦まじい様子は見ていて癒される。威圧感を放つトラは、獰猛な一面とネコのように昼寝する愛くるしい一面も見せてくれ、運が良ければ普段聞くことのできないホワイトタイガーの雄叫びを聞くこともできる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る この施設はみかん人倶楽部参画施設です。おトクな観光スマホアプリ「みかん人倶楽部」とは?
住所 愛媛県伊予郡砥部町上原町240
電話番号 089-962-6000
営業時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休業日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月1日)
※2019年4月1日(月)、8月13日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)、2020年3月30日(月)は臨時開園
料金 [入園料]
大人(18歳以上)500円
高校生(15歳~17歳)200円
小中学生(6歳~14歳又は中学生以下)100円
幼児(6歳未満)無料
高齢者(65歳以上)200円
身障者(要証明書)無料
アクセス 伊予鉄道松山市駅から伊予鉄バスとべ動物園行きで40分
松山ICから国道33号線を高知方面へ車で10分
駐車場 約2000台
駐車場代 普通車1回300円
中型車以上1回800円
※30分以内は無料

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このスポットに行くモデルコース

このページを見ている人は、こんなページも見ています