愛媛の句碑めぐり575

松山市

何いそぐ旅立ちや牡丹咲かぬ間になにいそぐたびだちやぼたんさかぬまに

越智二良オチジロウ

閑林園は、山の神と呼ばれる、源平合戦時の古戦場跡を中心に開発された公園。小高く、瀬戸内海や鹿島などが一望できる。句は、公園開発者の林氏の死を悼んで詠まれたもの。二良は、明治24年生まれ。松山市出身。海南新聞社(現:愛媛新聞社)を経て、朝日新聞社に入社。退職後は、松山市文化財委員、松山子規会会長を務めた。越智水草(すいそう)の「逝く春や手がけし石もみな哭かん」の句も刻まれている。水草は、二良の俳号。

句碑データ

住所
小川 山の神古戦場/閑林園
建立年
不明
建立者
不明

関連する句碑

  • 松山市

    枝折れて何と這うべき蔦かつら

    茶来

  • 松山市

    鶏なくや小富士の麓桃の花

    正岡子規

  • 松山市

    瘦がへるまけるな一茶是に有

    小林一茶

  • 松山市

    朧々ふ免者水也まよひ道

    小林一茶

  • 松山市

    月朧よき門探り當留楚

    小林一茶

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る