愛媛の句碑めぐり575

松山市

故郷はいとこの多し桃の花ふるさとはいとこのおおしもものはな

正岡子規マサオカシキ

松山では4月4日をお節句として、仕事を休み家族や友人たちと野山に出て弁当をひろげる風習があった。その頃は桃の花も満開。いとこ達と楽しい1日を過ごしたのであろう。明治28年の作だが、この時の子規はすでに東京に引っ越しており、故郷の記憶を詠んだものと思われる。

句碑データ

住所
西垣生町1186 常光寺
建立年
平成23年
建立者
高須賀石材

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 伊予市

    介ふ者かりひともとし与礼者つ志く連

    松尾芭蕉

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る