愛媛の句碑めぐり575

今治市

春潮や和冦の子孫汝と我しゅんちょうやわこうのしそんなれとわれ

高浜虚子タカハマキョシ

句は昭和15年早春、高野素十・五十嵐播水・深川正一郎ら一門の俳人十余人と波止浜に遊んだ時のもの。建立者の今井五郎は、当時の波止浜町長で、虚子の姪・今井つる女の夫である。句碑建立当時は終戦直後で、平和という言葉が氾濫した時代であったため、「和冦」の語に反対する意見もあった。これを知った虚子は、「和冦の子孫」の代わりに「鯛と魬」と書き送ってきた。しかし、世話人のつる女や村瀬虹雨桜は、原句の方がはるかに良いとして建立に至った。虚子も3度この場所を訪れており、大変親しみを感じていたようである。

句碑データ

住所
波止浜3-6-7 波止浜公園観潮楼
建立年
昭和25年5月
建立者
今井 五郎

関連する句碑

  • 今治市

    濤音の月日のしだれざくらかな

    篠崎圭介

  • 今治市

    山茶花をうつくしとみてすぐ忘れ

    正岡子規

  • 今治市

    甘茶佛木々能緑遠帯び給ふ

    永田黙泉

  • 今治市

    ものいへは唇寒し秌能風

    松尾芭蕉

  • 今治市

    灯篭の下に思ひの遠かりし

    今井つる女

  • 前から
  • 遠くから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る