陶板の道

とうばんのみち

砥部焼のルーツへと続く丘の坂道
坂村真民記念館から陶祖ケ丘、砥部町陶芸創作館まで続く散策路で、地元の陶工が絵付けした陶板約580枚が、歩道や壁の至るところに敷きつめられており、案内板までも砥部焼というこだわりよう。坂を登る途中では砥部焼の町を一望でき、爽やかに吹き抜ける風を感じることができる。砥部焼の始祖である杉野丈助の碑が建つ陶祖ヶ丘も道中にあり、碑の背面には江戸時代に大阪の屋台で使用されていた「くらわんか茶碗」の破片などが埋め込まれているなど、焼き物の歴史を感じることもできる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県伊予郡砥部町大南874先
電話番号 089-962-7288(砥部町役場 地域振興課)
駐車場 あり(砥部焼伝統産業会館) 約20台
駐車場代 無料