愛媛県美術館企画展 生誕200年 三輪田米山展         ―天真自在の書―

伊予松山・日尾八幡神社の神官であった三輪田米山(1821-1908)は、和漢の学を修め、書を書き、歌を詠み、そして酒を愛した人であり、独自の奔放で破格の書風を確立しする。
本展は、米山生誕200年という大きな節目に、唯一無二の魅力を放つその作品群を一堂に紹介するもので、県内外に伝わる代表作、神名石・注連石の拓本、幟、さらに自筆の『米山日記』などの資料を通して、書の天才・米山の尽きない魅力を紹介する。
(料金)一般1,000円、高大生500円
マイリストに追加 フォトツアーを見る
開催期間 2021年10月2日~2021年11月30日
開催場所 愛媛県美術館
住所 愛媛県松山市堀之内
電話番号 089-932-0010(愛媛県美術館)
休業日 月曜日(祝日及び振替休日に当たる場合はその翌日)
ただし毎月第一月曜日は開館、翌火曜日休館
年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス JR松山駅前から道後温泉または市駅前行き市内電車で約5分

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています