瑞應寺

ずいおうじ
  • 境内の東側には、明治時代に京都の北野天満宮から譲り受けた八角形の経箱が保存されており、2千巻以上の経典が納められている。
  • 本堂の屋根には別子銅山の銅が使用された新居浜ならではの造り。毎週日曜日には坐禅体験が行われており、毎月第一日曜日には説法を聞くこともできる。
  • 瑞應寺の山門は江戸時代に建てられたもの。周囲には紅葉の木が植えられ、秋には山門と調和した紅葉を見物する多くの行楽客で賑わう。

禅の教えを今に伝える修行道場
別子山の麓にある曹洞宗の修行道場。現在は全国各地から約30人の僧が修行に来ており修行風景を見られることもある。境内の東側にある大転輪経蔵には経典を納める八角形の箱があり、箱の中には2千巻以上の経典が納められている。この箱を一回転させると、2千巻以上の経典を読んだことと同じご利益が得られると言われており、毎月18日に一般の人々が経箱を一斉に回すという行事が行われている。11月頃にはイチョウや紅葉が美しく色付き、多くの見物客が訪れる紅葉のスポットでもある。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県新居浜市山根町8-1
電話番号 0897-41-6563
休業日 無休
駐車場 あり 50台
駐車場代 無料
備考 [坐禅体験]毎週日曜日(料金無料)
なお、時間は変動しますので、事前にお電話にてご確認ください。
また、複数日ご希望の場合も、事前にお電話にてご確認ください。

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています