臥龍淵(龍伝説)

がりゅうぶち(りゅうでんせつ)
  • 肱川流域随一の景勝地「臥龍淵」。時期によっては鵜飼や河原でいもたきを楽しむことができる。
  • 龍が住むと言われる淵の深い所は、水深14~15mもあると言われている。

景勝地に伝わる龍の臥す淵
風の穏やかな日には川面に新緑や紅葉がまるで鏡のように映りこみ、風情ある光景を創り出す肱川随一の景勝地。この臥龍淵には昔から龍伝説が残っており、日照りが続き井戸は枯れ果て、村人達が困っていた際、肱川の淵の底に棲んでいると言われていた龍が滝のような雨を降らせてくれたという伝説が残っている。臥龍淵の水は青く澄み渡り、今にも伝説の龍が飛び立ちそうな神秘的な雰囲気が漂っている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県大洲市臥龍山荘近く
電話番号 0893-24-2664(大洲市観光協会)
最寄りのバス停からの徒歩 ぐるりん・あさもや前 (6分),伊予鉄南予バス・肱川橋 (10分),宇和島自動車・大洲本町 (7分)
駐車場 なし

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています