広瀬神社

ひろせじんじゃ
  • 鳥居の横にあるケヤキは、根回りが11mで樹高が40mもあり、推定樹齢は1000年以上といわれておりその迫力に圧倒される。
  • 境内中央にある苔むした巨大なケヤキは、今もなお枝葉をいっぱいに広げ生命力にあふれている。
  • 木製の笠屋根付き鳥居は巨木と一体感のある美しい佇まい。
  • 約8mの高さまで空洞になっているケヤキの巨木は、その空洞を埋めて空気の出入りを良くするために煙突が立てられている。

自然の生命力を授かれる3本の巨木
926年に勧請されたと言われる歴史ある神社。境内にあるイチイガシの大木とケヤキ2本はともに、県の天然記念物に指定されている。樹齢推定1000年以上とされるこの古木は、宮総代や地域の人の寄付により治療がされており、地域の人々が身近にある巨樹を大事に守り続けようとする思いが感じられる。旧暦10月の初亥の祭には、前日から夕暮れ時に子供たちが「亥の子もち」をついて各戸を回り、当日は境内で子供相撲が行なわれるなど、小田の郷に伝わる伝統が守られ続けている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県喜多郡内子町本川3948
電話番号 0892-52-2466
休業日 無休
駐車場 あり 約10台
駐車場代 無料

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています