旧加藤家住宅主屋

きゅうかとうけじゅうたくおもや

旧大名家の屋敷の格式の高さを有する近代和風建築
旧加藤家住宅主屋は、旧大洲藩主の加藤家が大正14年に建築した住宅です。旧大名家の住宅らしい格式の高さや、西洋風のモダンさを随所に備えた、大洲を代表する近代和風建築です。映画「男はつらいよ-寅次郎と殿様-」の撮影に使われたことから、市民には「お殿様の家」として広く知られています。
建築当時の姿をよく残しており、また戦前の旧大名家の暮らしぶりをうかがえる住宅として、2007年に国の登録有形文化財に登録されました。
2021年、リニューアル工事を経て、一階の一部は一般公開、一階の一部と二階をNIPPONIA HOTEL大洲城下町のMITI(みち)棟として生まれ変わりました。MITIは、この建物を建築し、晩年を過ごした貴族院子爵の加藤泰道(やすみち)氏に由来するものです。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県大洲市大洲848-1
電話番号 0893-57-9993(大洲市観光まちづくり課)
営業時間 9:00~17:00
休業日 年末年始(12/29~1/3)
料金 無料
最寄りのバス停からの徒歩 伊予鉄南予バス・三の丸 (1分),宇和島自動車・大洲本町 (7分)
駐車場 あり 約4台
駐車場代 無料

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」