曽我十郎五郎首塚

そがじゅうろうごろうくびつか
  • 曽我十郎(兄)の首塚。今も尚綺麗に整備され、祈れば首から上の病を治してくれると言われ今でも病を抱えた人がお祈りに足を運んでいる。
  • 曽我五郎(弟)の首塚。こちらも地域の人に祀られ、大事に守られている。
  • 首塚付近の休憩所には、当時の様子描いた絵画が飾られており、当時に思いを馳せることができる。
  • 曽我十郎・五郎の首塚は、まるで兄弟寄り添っているように見える。

父の仇討ちに燃え、必死に戦った兄弟の首が眠る地
内子町の人里離れた豊かな山々の中で、今も地域の人達に祀られている曽我十郎・五郎の首塚。この曽我十郎・五郎兄弟の仇討ちは日本三大仇討ちの一つとしても有名。幼い時に父親を討たれ、その仇を討つため二人だけで仇である工藤祐経の御陣へ忍び込み見事仇をとったが、その直後多くの家来に囲まれ勇敢に戦ったが討死した。その後曽我十郎の家来だった鬼王が主人の首を故郷へ持ち帰ろうとしたが、瀬戸内海を渡る時に海がしけていたため上灘に漂着し、中山町を通り乙成に辿り着いたところで主人の首が痛み初めたためこの地へ埋めたと言われている。この首塚は現在地域の文化遺産とされており、首塚ということで首から上の病は祈れば治ると伝えられている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県喜多郡内子町大瀬乙成
電話番号 0893-47-0102(大瀬自治センター)
休業日 無休
駐車場 なし

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています