天空の道(県道383号線)

てんくうのみち
  • どこまでも広がる真っ青な空、風に揺れる緑の大草原に誘われて、また一人ライダーが天空を走り抜けてゆく。
  • 牛、石灰岩、風車は四国カルストを語る上で欠かせない組み合わせとなっており、天空の道の象徴ともなっている。
  • 標高1000m~1500mの高所からの眺望は、思わず見入ってしまうほどの神々しい世界。夕暮れ時には山々の稜線が水墨画のような美しい濃淡で描き出される。

天空を走り抜ける喜び
「日本のスイス」の別名を持つ四国カルストを東西約25kmにわたって縦断する県道383号線。白い岩肌の石灰岩が点在する緑の大草原は、シーズン時期になると多くの牛が放牧された牧歌的でのどかな風景が広がっており、まるで異国を旅しているかのよう。遠くに霞む山々の稜線を横目に真っ青な天空へと続く道は、手を伸ばせば雲がつかめそうなほど空が近く感じられ、その抜群の絶景は日本百名道にも選定されている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
電話番号 0892-21-1192(久万高原町観光協会)
休業日 冬季通行止め有
車でのアクセス 松山ICより国道33号を高知方面に約50分
国道440号に左折し四国カルスト方面に約50分
駐車場 あり [姫鶴荘周辺]約50台
駐車場代 無料
備考 冬季は凍結・積雪のため通行止

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています