大角豆島

ささげじま
  • 沖に浮かぶ島をまるで一本の線で結んだかのような幻想的な風景。潮が引くと道が現れ、島まで歩いて渡ることができる。
  • 車が横に約2台ほど置ける程度の幅の砂浜の道が現れ、陸と沖に浮かぶ大角豆島への架け橋となる。
  • 荒々しい海流に揉まれ浸食された岩肌は、海岸にある岩場とは異なった荒々しい表情を見せる。
  • 普段は海に沈み見ることのできない島の根っこ部分まで露出すると、島の大きさは普段の倍以上となり、普段見ている部分は氷山の一角であることが分かる。

海の底を歩く摩訶不思議な時間
昔、塩田のあった瀬戸浜の目と鼻の先に浮かぶ小島。普段は海の中にある海底が、干潮時には沖にある島へ延びる道となって現れる「トンボロ現象」と呼ばれる不思議な光景が見られる場所。朝日や夕暮れ時に重なれば、その光に照らされ造り出される幻想的な景観に言葉を失う。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県今治市伯方町木浦
電話番号 0897-72-1500(今治市役所 伯方支所 住民サービス課)
駐車場 なし
備考 潮が一番引く大潮の日の干潮時に見ることができるが、潮の引き加減によって道のでき方が変わるので注意が必要。渡る際には安全に戻れることを要確認。

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています