日切善勝寺

ひぎりぜんしょうじ
  • 平安時代の名僧である恵心僧都が、悪疫流行の際に人々の無病息災と長寿延命を祈願して造ったとされる地蔵菩薩像。
  • 多くの参拝者が灯す線香の煙が絶えない境内は、街中の喧騒から離れ神聖な雰囲気に包まれた場所となっている。
  • 毎日訪れる参拝客も多く、願いの成就を意味する五色の幟がたくさん納められている。
  • 松山市駅前商店街の一角にあり、松山市の中心地に位置する寺院。

松山市民に愛されるお日切さん
期日を定めて祈願をすれば叶うとされる「日切地蔵」で知られる寺院。期日を定めることを「日切」と呼ぶことから「日切地蔵」や「お日切さん」と呼ばれ古くから親しまれている。奈良県の知善和尚がこの地に深い縁と愛情を感じて1603年頃に開基したとされる寺院で、地蔵盆である毎年8月23日と24日には「日切地蔵まつり」が開催され、松山地方最後の夏まつりとして多くの人が訪れている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県松山市湊町5-4-15
電話番号 089-946-0369
営業時間 24時間
[寺務所]8:00~17:00
駐車場 なし